導入事例

独立電源型マルチセンサーシステム(JRC様)

本プロジェクトでは、鉄道沿線の気象観測を目的とした独立電源型マルチセンサーシステム(バインド電池TM搭載)を納品し、一定期間稼働状況のモニタリングを実施しています。 2015年7月にはバインド電池TMの低温特性を生かし、積雪地域へも追加設置を行い、都市型・寒冷地型の両タイプの実証試験を実施しています。



共同技術開発先:ジェイアール東日本コンサルタンツ株式会社(JRC)様